あさみやひろちゃんねる

何かに挑戦し続けるコスプレイヤーの日記!

四国逆うちお遍路の旅 1日目【88~86】

5日に高松市のネカフェに泊まりいよいよ6日(火)から四国八十八箇所逆うちお遍路さんの旅を始めます!

今年は60年に1度の丙申の閏年なので逆うちする人が多いのではないでしょうか?

そもそもお遍路とは弘法大師の修行した跡をたどる旅です。また、お遍路さんの起源となった方が丙申の閏年に逆うちをして弘法大師と出逢う事ができたと言われています。

霊感が強い人は逆うちすると…って言われてるのでちょっと怖いです。

さてそれでは1日を振り返ってみましょう!

高知駅より朝8時、引田行きのバスに乗り大川バス本社前?で降りてコミュニティバスに乗り大窪寺へ。

バスの運転手さんが親切な方で凄く助かりました。

ただここのバス亭から大窪寺がめっちゃ遠いいのですw

それを帰りここまで歩くと思うとゾッとしました^^;

9時半くらいに到着!いざ大窪寺へ ヨーソロー(*> ᴗ •*)ゞ

f:id:hiro-asamiya:20160906230536j:image

f:id:hiro-asamiya:20160906230601j:imagef:id:hiro-asamiya:20160906230616j:image

初めてなのでお経あげるのに戸惑いながらも無事納経する事ができました!

そして、本堂の横にある女体山コースから次の長尾寺を目指す事にしました。

この選択が…足にとてつもない負担をかけてしまったのです。

普段ジムに通って体力作りしてるのに!

考えが甘かった…バックパック20㌔を背負って山を登り降りするのが過酷すぎることを思い知らされたわけです。

足の指も爪が内出血するくらいだしw

その代わりではありますが素敵な景色を拝む事ができました!f:id:hiro-asamiya:20160906231345j:imagef:id:hiro-asamiya:20160906231359j:imagef:id:hiro-asamiya:20160906231418j:imagef:id:hiro-asamiya:20160906231539j:image

一歩間違えば死にますwww

本当に落ちたら死にますよここ…崖でしたもん…

ここ過ぎてからもうすぐでゴールのお遍路さんに出会いました! そしてまたもう1人…少しお話してお別れしました。2回目のお遍路さんだそうです。f:id:hiro-asamiya:20160906231741j:image

そのあとお遍路サロンという場所に行きました。

f:id:hiro-asamiya:20160906232307j:imagef:id:hiro-asamiya:20160906232314j:image

逆うちの場合終わってから電話すると郵送で証明書?を送っていただけるらしいです。

そして長尾寺へ女体山で苦戦したので到着したのが14時45分くらいでした。

ここの長尾寺って何か神社みたいなんですよね…

ちょっと違和感あるんですよw

f:id:hiro-asamiya:20160906232332j:image

次は今日の目標の志度寺へ!

奉納所で訊いたら歩くと2時間らしいってことで早く行かないと間に合わない状況に、何とかギリギリ着いて先に奉納所行ったらゆっくりで大丈夫とのこと。

住職さんと少し仕事の話をして(仕事はちゃんとやれと!)

f:id:hiro-asamiya:20160906233330j:image

f:id:hiro-asamiya:20160906233256j:image

志度寺は徳川の家紋になっててびっくりしました。

仁王像や五重塔もあって見所が多いですね!

この後、志度寺のそばに住んでいる方に接待を受けご飯ご馳走になっていろいろお話してとても感動しました。また行く時は逆に御礼したいくらいです。

長居してしまったので今日のビバークポイントの二ヶ池だったかな?に向けて出発。

途中の道の駅には野宿禁止って書いてありましたw

あと、トイレで頭と足を洗わないこと…とまで

f:id:hiro-asamiya:20160906234049j:imagef:id:hiro-asamiya:20160906234059j:image

無事ビバークポイントに次到着!

池が広いからちょっと薄気味悪いし、イノシシ注意も気になるし、牛蛙が鳴きまくってなんか怖いし…

でもトイレもあるし広いからここで良かった。

洗濯とかも完了。できる時にしておかないとってことで。

うどんはあるんだけどガスのカセットボンベとめんつゆ買うの忘れたので明日の朝飯は抜きっす(´;ω;`)

※野宿をする時はゴミは絶対に持ち帰りましょう。

汚かったらより綺麗にしていきましょう。

これが次の方につながるわけです。

それではまた明日!

f:id:hiro-asamiya:20160906235152j:image